1. aki*fromageトップ > 
  2. チーズ > 
  3. クロタン・ド・シャヴィニョル

チーズ

クロタン・ド・シャヴィニョル

クロタン・ド・シャヴィニョル
Crottin de Chavignol

コロコロと可愛い小さな太鼓型のシェーブル。熟成期間の長さで味わいの違いが楽しめます。

タイプ シェーブルタイプ
産地 フランス ロワール地方
乳種 山羊乳
小さな円筒型 重さ60g
固形分中乳脂肪分 45%〜

クロタン・ド・シャヴィニョルはフランスで1番食べられているシェーブルタイプのチーズです。
クロタンとはフランス語で「馬糞」を意味します。確かに外見はそんな風にも見えますが、実はこのチーズの名前の由来はランプを意味する「クロット」から来ています。昔、クロタンを造る時に使われていた陶器製の型が「クロット」によく似ていたからです。現在では型はプラスチック製になってしまいましたが…。

クロタンは若いうちはクリーム色で、もろい組織をしています。やわらかな酸味を感じフレッシュ感が楽しめます。同郷の白ワイン「サンセール」とよく合います。
横に2枚にスライスしてテフロンのフライパンで焼いて、ちょっとトロッとしてきたら薄く切ったバケットの上にのせ、それをグリーンサラダといただく「クロタンのサラダ」は、パリでとても流行しました。

熟成してくると白や青みがかったカビが広がり、酸味はまろやかになり旨味が増してきます。組織もかたくしまってきます。こうなったらブルゴーニュの赤ワインなどと合わせるのがおすすめです。